沿革

昭和37年 4月 京浜地区の工場より排出される多量の廃油をボイラー用等の燃料油としての再生販売を開始する。
昭和41年 11月 取引会社の増加により、各種プラントの定収工事及び、タンククリーニング工事の技術導入を行い、有限会社東産業を設立する。
昭和41年 12月 三菱石油(株)川崎製油所内(現在の新日本石油(株))に扇町出張所を開設する。
昭和47年 2月 清掃法の改正に伴う政令、省令の規制に対し、取引先の所在する各都、県、政令市に対し、その取り扱い許可の申請をする。
昭和53年 12月 株式会社に組織変更し、資本金を500万円に増資する。
昭和56年 2月 廃棄物運搬コストの削減、及び環境衛生のため、アームロールコンテナ車を購入し、各客先にコンテナを配備する。
平成元年 12月 従来より使用しているバキュームローリー、バキュームダンパー車に加え、抜群の吸引力を誇るバキュームコレクターを購入し、作業範囲の拡大を図る。
平成5年 10月 資本金を1,000万円に増資する。
平成9年 2月 横浜市港北区新吉田町に横浜営業所を開設する。
平成11年 11月 超強力吸引作業車(風量70m3、積載量8.1m3)を購入し、業務の拡大を図る。
平成16年 1月 浄水場の大規模な濾過材の回収及びフレコン詰め作業に絶大な効果のある自動開閉弁付きのホッパーを購入する。 
平成16年 12月 5m3タンク搭載の強力吸引車購入し、従来の中型(4tタイプ)ではできなかった3m3以上の回収に対応。
平成17年 1月 新日本石油(株)川崎製造所内(現在のJX日鉱日石エネルギー(株)川崎製造所内)に川崎営業所を開設する。
平成18年 5月 本社を横浜市港北区新吉田町(元横浜営業所)に移転する。
平成18年 10月 エコアクション21の認証登録
平成23年 5月 各都道府県にて順次、産業廃棄物処理業者優良認定取得。
平成27年 8月 代表者変更 代表取締役:渡辺 隆之 就任                                会長:渡辺 和芳 就任

▲ 先頭へ

産業廃棄物処理
各種清掃及び洗浄内容
プラント工事
ご挨拶
会社概要・主要取引先等
沿革
業務許可一覧
保有車両一覧